img_02

専門クリニックで刺青を消す

若い女性の中には、ファッションで刺青を体に入れてしまい、結婚する時になって困り果てて専門クリニックに駆け込む人も増えています。
日本では刺青に対する偏見が未だに残っているので、海外で入れたタトゥーを、就職前に除去する人も多いです。

日本の専門クリニックでの刺青除去には、主に、レーザーによる除去、植皮術、切除法があります。

刺青を消すが話題になっています。

レーザー治療は、レーザーを照射して真皮にある色素を破壊します。時間がかからず、体への負担も少ないので、黒など濃い色の刺青を入れている人や、忙しくて時間がない人に適しています。

植皮術は、簡単に言うと皮膚移植のことで、タトゥーを入れた部分の皮膚に、きれいな皮膚を移植する方法です。
タトゥーのサイズが大きい場合や、レーザーに反応しない刺青などに使われることが多いです。植皮術は、広範囲のタトゥーであっても、1回の治療で消すことが可能です。

NAVERまとめを初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

植皮には、メッシュ植皮とシート植皮がありますが、メッシュ植皮の方が人気があります。


手術後は、早くて1ヶ月、遅くても3ヶ月ほどで赤味が薄れて、徐々に肌色に戻っていきます。


切除法を使ってタトゥーを消す方法では、色素が入っている皮膚を切除して、周囲の皮膚を寄せ合わせて縫合します。切除法は、レーザーに反応しないタトゥーや、色素が皮膚の奥深く入っているタトゥーに適しています。



切除法でタトゥーを消すと、縫合した後の傷は、ほとんど目立ちません。

傷口が少し赤くなることもありますが、半年くらいすれば、目立たなくなります。