img_02

タトゥー除去治療の種類

タトゥーには黒一色のものや色が入ったものなど様々な種類がありますが、種類や大きさによって向いているタトゥー除去の方法は違います。
最もポピュラーなレーザー照射によるタトゥー除去は、比較的小さく黒や濃い色で入れてあるタトゥーに最適です。


レーザーを照射すると入れてある色素が破壊され、それを体の細胞が吸収して体外に排出していきます。皮膚の浅いところに入れてあるタトゥーの場合は数回レーザー照射を受ければ消すことができます。
小さなタトゥーや細長いタトゥーの場合には切除治療も向いています。



タトゥーが入れてある部分を切除した後、両側の皮膚を縫い合わせる方法で、レーザーと違って一度の手術でタトゥーを取り除くことができるので急いでタトゥー除去したい場合に向いています。

タトゥー除去のいろいろな情報を集めました。

麻酔をしてから手術をするため痛みなどもなく、傷跡が残りますが年月がたつと徐々に目立たなくなっていきます。

All Aboutの情報も多数ご用意しました。

大きなタトゥーの場合には皮膚の表面を削ってタトゥーを消したり、他の部分から皮膚を取って移植する方法が向いています。皮膚を削る方法は痛みも少なく手術を受けた翌日からシャワーを浴びることができ、2週間たてば新しい皮膚ができてきて徐々にきれいになっていきます。
タトゥー除去する場合には自分のタトゥーの状態に合わせた治療方法を選ぶことが大切です。また医師の技術によって除去したあとの皮膚の状態に差がでてくるので、経験豊富な医師を選ぶ必要があります。